ブログ
新着情報

ブログでしあわせ野菜畑の新着情報をお伝えしています。


2024年5月20日 : キュウリの、おいしいいただき方
「有機 キュウリ 」   





しあわせ野菜畑のキュウリは、自分の根で育った「自根(じこん)キュウリ」です。
スーパーのキュウリのほとんどは、根がカボチャの「接ぎ木キュウリ」です。
接ぎ木にする方が病気に強く、収穫期間は長く、たくさんとれるからです。

自根キュウリは、皮が薄いので傷つきやすく、形はバラバラ、スラッとしていません。
また、ブルームと呼ばれる白い粉が表面につき、農薬と勘違いする方もいます。

しかし、自根キュウリはおいしいです。カボチャの根ではないから、当たり前ですが、キュウリ本来の味と食感があります。
キュウリに、ほのかな甘みがあることや、香りがあることをご確認ください。
自根キュウリはキュウリ本来の味を楽しめます。「サラダをドレッシングではなくて、野菜の味で楽しめる」、自根キュウリにはそんな魅力があります。


------------------------------------------


「きゅうりの煮びたし」




生産者や家庭菜園で育ち過ぎて大きくなったキュウリができた時に作ります。
大きなキュウリが届いたら、ぜひおつくりください。

【 材料 】  

きゅうり 400g
麺つゆ(2倍濃縮) 80cc
水 100cc
しょうが(すりおろし) 大匙1/2

【 作り方 】

1、きゅうりは全て皮を剥き縦半分にし種もスプーンで全て取ります。
半分にした物を更に縦に半分にし、横に3~4センチに切ちます。
2、鍋に分量の水と麺つゆ、切ったきゅうりを入れ煮立たせたら火を弱め10分位煮て冷まします。

3、冷ましたらしょうがを入れ冷蔵庫で冷やして出来上がりです。

(ポイント)

きゅうりは皮と種の部分を取った後の分量です。
きゅうりは皮が硬いので必ず剥き、種も硬いので取りますが種の部分と身の間が白くなっているのでその部分まで取ります。
煮汁が少し残るよう火力の調節をし、麺つゆとしょうがは好みで増減します。

【 ひと手間・ひと工夫 】

トウガラシや、柚子を入れたりして味を工夫してください。
鰹節、しょうゆ、みりんで味を調えてください。




【野菜レシピ 監修】しあわせ野菜畑 大角美穂

・東海調理専門学校調理師科にて調理師資格取得
・リマ・クッキングスクール師範コース修了
・クシ・マクロビオティックアカデミー、ナチュラルスウィーツコース修了
・ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター(通称「野菜ソムリエ」)
・日本食育インストラクター



2024年5月20日 : オクラの、おいしいいただき方
しあわせ野菜 レシピ

「有機 オクラ 」   



原産地はアフリカ(エチオピア)です。ネバネバがコルステロールを減らします。夏バテにも効果あります。

生でも食べられます。さっと茹でるのなら熱湯で2分。毛が気になる人は塩もみしましょう。煮物、酢のもの、和えもの、天ぷら、スープなどレパートリーは多いです。


------------------------------------------


「 オクラの胡麻和え 」





【 材料 】  

オクラ1袋 白炒りごま 大さじ1 醤油 小さじ1
砂糖 小さじ2/3

【 作り方 】

オクラを塩茹でします。丸ごと茹でてから冷まし、後から食べやすく切ると良いです。
白ごまは、すり鉢に入れて半分ほど粒が残るくらいにすります。
(手元に白すりごまがあれば、それを使ってもいいです。)
醤油と砂糖を加えてよく混ぜます。
食べやすく切ったオクラを加えて、ごま和えの衣を全体にからませます。


  ○  ○  ○  ○  ○  ○ 



「オクラのおかか和え 」




【 作り方 】

ボウルなどに切ったオクラとかつお節(パック入りのかつおぶし)を合わせます
醤油を加えて、よく混ぜ合わせます(※好みでポン酢しょうゆに変えても。その場合はもう少し量を多めにして加えてください)

  ○  ○  ○  ○  ○  ○ 



「きのことオクラのおろし和え」




【 材料 】  

オクラ 4本 えのきだけ1/2袋 しめじ 1/2パック 大根 150g 塩、レモン汁少々
醤油 大さじ1/2

【 作り方 】

1、えのきは根元を切り、半分の長さに切ってほぐし、しめじは石づきを取って小房に分けます。熱湯でえのきとしめじをゆでて、水気をきります。
2、オクラは塩でもんで、熱湯でさっとゆで冷水に取り、小口切りにします。
3、大根はすりおろして軽く水気をきり、しょうゆとレモン汁を加えて、きのことオクラを和え、器に盛りつけます。

  ○  ○  ○  ○  ○  ○ 



「 オクラの煮びたし 」




【 材料 】  

オクラ 1袋 ショウガ 千切り少々 出し汁 200ml 醤油 大さじ2/3 
みりん、酒 各大さじ1

【 作り方 】

1、沸騰した湯にオクラを入れてて茹でて、水気を切り、斜め1/2に切ります。
2、鍋に、だし汁・みりん・酒・しょうゆを加え煮立て、千切り生姜を加え、
茹でオクラを加えて3~4分煮て、冷めたら味がなじみます。

(ポイント)

オクラは胃腸の働きを高め、消化を促進し、消化不良を改善します


  ○  ○  ○  ○  ○  ○ 


「 素揚げオクラのマリネ 」




【 材料 】  

オクラ 1袋 みょうが 1個 三杯酢 適量 揚げ油 適量 かつおぶし 適量

【 作り方 】

1、オクラを塩で板ずりして産毛を取り、上下に切り込みを入れておきます
2、揚げ油を熱し、オクラを素揚げして、三杯酢に漬け込みます
3、みょうがとかつおぶしをトッピングしたら完成。


(ポイント)

オクラを揚げるときは、切り込みをいれて揚げてください。


【野菜レシピ 監修】しあわせ野菜畑 大角美穂

・東海調理専門学校調理師科にて調理師資格取得
・リマ・クッキングスクール師範コース修了
・クシ・マクロビオティックアカデミー、ナチュラルスウィーツコース修了
・ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター(通称「野菜ソムリエ」)
・日本食育インストラクター


2024年5月20日 : エゴマの、おいしいいただき方
しあわせ野菜 レシピ
「有機 エゴマ」


最近エゴマが人気です。有機栽培のエゴマは味も香りも歯ごたえもあり、エゴマの良さが引き立ちます。
苦みが苦手な方は、日本人に馴染み深い醤油や、にんにく甘辛ダレにエゴマの葉を漬けて、ご飯のおともに食してください。刻んで豆腐にかけたり納豆に混ぜたりするのもおすすめです。
オーソドックスに韓国風に焼肉でお肉に巻いて食べると、オーガニックのエゴマの違いが引き立ちます。

------------------------------------------

「エゴマの葉の醤油漬け」




【 材料】  

例1:醤油大2、みりん大1、味噌小1、豆板醤小1 、ゴマ油、おろしにんにく
例2:醤油大3、ゴマ油大3、みりん大2、コチュジャン小1

【 作り方 】

エゴマを1枚ずつ漬けて冷蔵庫に3時間置きます。


(ポイント)

焼きおにぎりやチキンカツにお使いください。


  ○  ○  ○  ○  ○  ○ 


「 エゴマの中華炒め 」


【 作り方 】

ゴマ油で豚肉、タマネギ、ニンニクを炒め、火がとおったらエゴマを合わせ、オイスターソースや酒で味を調えます。


  ○  ○  ○  ○  ○  ○ 


「エゴマの納豆チャーハン」




【 作り方 】

油で卵を炒め、ご飯も加え混ぜ合わせる。じゃこ、エゴマ、白ごま、納豆を入れて、塩こしょうと醤油で味付けます。ゴマ油で香りつけし出来上がりです。

(ポイント)

  ○  ○  ○  ○  ○  ○ 

「エゴマの和えもの  」




【 作り方 】

豚肉を炒め、味噌、 酒、醤油、豆板醤などで味付けし冷ましてから、ゆでた春雨、千切りのエゴマを和え、白ごまを加えます。

  ○  ○  ○  ○  ○  ○ 

「エゴマのサラダ  」


【 作り方 】

レタスやルッコラにエゴマを加え、ゴマ油、 酢、塩、黒胡椒を加え手であえて、白ごまを散らします。



【野菜レシピ 監修】しあわせ野菜畑 大角美穂

・東海調理専門学校調理師科にて調理師資格取得
・リマ・クッキングスクール師範コース修了
・クシ・マクロビオティックアカデミー、ナチュラルスウィーツコース修了
・ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター(通称「野菜ソムリエ」)
・日本食育インストラクター




2024年5月20日 : ピーマンの、おいしいいただき方
しあわせ野菜 レシピ
「有機ピーマン」
------------------------------------------

「 ピーマンのめんつゆ炒め 」




【 材料 2人分】  

・ピーマン 5~6個 サラダ油 大さじ1 麺つゆ(3倍濃縮)大さじ1 炒りゴマ 小さじ2

【 作り方 】

1.ピーマンはへたと種を除いて、縦に細長く切ります。
2.フライパンにサラダ油を入れて、中火で熱してからピーマンを炒めます。
3.ピーマンがしんなりしたら、麺つゆを入れてさっと炒め、炒りゴマを加えて全体を混ぜます。

(ポイント)

ピーマンをよく炒めてから、さっと味付けをして仕上げます。ちりめんじゃこや砕いたナッツ類を加えても美味しいです。

【 ひと手間・ひと工夫 】

・梅干1粒をペースト状にして、麺つゆに加えて混ぜるように炒めることもできます。

  ○  ○  ○  ○  ○  ○ 


「ピーマンとニンジンの胡麻マヨネーズ炒め  」




【 材料2人分 】  

・ピーマン 2個 ニンジン 1/2本 白すりごま 大さじ1/2 マヨネーズ大さじ1.と1/2 醤油 小さじ1 サラダ油 大さじ1/2

【 作り方 】

1.ピーマンはへたと種を取り7mm幅に切ります。ニンジンは1cm幅の短冊に切ります。
2.熱したフライパンにニンジンを入れてよく炒め、ピーマンを入れて更に炒めます。
3.マヨネーズ・すりごま・醤油を入れて全体を絡めながら炒めます。

【 ひと手間・ひと工夫 】

・調味料を入れてから炒めすぎると香りが飛んでしまうので注意してください。

  ○  ○  ○  ○  ○  ○ 


「ピーマンとナスの揚げ浸し 」




【 材料 】  

ピーマン 2個 ナス 2本  揚げ油 適宜
A(麺つゆ(3倍濃縮) 50cc 水 150cc おろし生姜 小さじ1)

【 作り方 】

ピーマン 2個 ナス 2本  揚げ油 適宜
A(麺つゆ(3倍濃縮) 50cc 水 150cc おろし生姜 小さじ1)

(ポイント)

・ナスは皮目から揚げると色良くあがります。

【 ひと手間・ひと工夫 】

・おろし生姜が入るのでさっぱりといただけます。

  ○  ○  ○  ○  ○  ○ 

「 ピーマンとジャガイモのシャキシャキ炒め 」




【 材料2人分 】  

ピーマン 2個 ジャガイモ 2個 生姜 1片 サラダ油 大さじ1~2
A(醤油 大さじ1 料理酒 大さじ1 塩・胡椒 適量)

【 作り方 】

1.ピーマンはへたと種を取り、細切りにします。ジャガイモは棒状に切ります。生姜はみじん切りにします。
2.フライパンにサラダ油を熱して、生姜を炒めます。
3.ジャガイモを入れて炒めたら、ピーマンを加えて炒め、Aの調味料を入れて仕上げます。

(ポイント)

・ジャガイモは透き通るまで炒めてから調味してください。

【 ひと手間・ひと工夫 】

 ・挽き肉を入れると旨みがでて、より美味しいです。お好みでカレー粉を加えると、食が進みます。




【野菜レシピ 監修】しあわせ野菜畑 大角美穂

・東海調理専門学校調理師科にて調理師資格取得
・リマ・クッキングスクール師範コース修了
・クシ・マクロビオティックアカデミー、ナチュラルスウィーツコース修了
・ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター(通称「野菜ソムリエ」)
・日本食育インストラクター


2024年5月20日 : ナスの、おいしいいただき方
しあわせ野菜 レシピ
「有機ナス」

------------------------------------------

「 ナスの煮浸し 」




【 材料 】  

ナス 2本 めんつゆ みりん 料理酒 各大さじ1~2 胡麻油 大さじ1/2 サラダ油 大さじ1/2

【 作り方 】

大根おろしや生姜おろしをあしらうのもおすすめです。

  ○  ○  ○  ○  ○  ○ 

「夏野菜のラタトゥユ風の煮物 」




【 材料2人分 】  

ナス 1本 ズッキーニ1/2本 ピーマン 1個 玉ねぎ 1個 トマト 1個
塩 小さじ1 味噌 大さじ1/2 ローリエ1枚 オリーブ油 適宜

【 作り方 】

1.野菜は全て乱切りにします。
2.鍋にオリーブ油を熱し、玉ねぎを中火で炒めます。油がなじんだら分量外の塩を振り、ナス・ズッキーニ・ピーマン・トマトを加えて
炒め合わせます。
3.塩を加えて蓋をして3~4分蒸し煮をします。味噌とローリエを入れて、蓋をして20分程弱火で煮ます。

(ポイント)

・味噌を加えて和風の優しい味わいに仕上がります。

【 ひと手間・ひと工夫 】

・オクラがあれば、塩を振って板ずりにして、さっと茹でて斜めに切ったものを、仕上げに盛り付けると彩りも綺麗で
色々な夏野菜をいただくことが出来ます。


【野菜レシピ 監修】しあわせ野菜畑 大角美穂

・東海調理専門学校調理師科にて調理師資格取得
・リマ・クッキングスクール師範コース修了
・クシ・マクロビオティックアカデミー、ナチュラルスウィーツコース修了
・ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター(通称「野菜ソムリエ」)
・日本食育インストラクター



2024年5月20日 : ヒモナスの、おピしいいただき方
しあわせ野菜 レシピ

「有機ヒモナス」




油との相性がよく、肉質が緻密で、麻婆ナス、夏野菜カレー、味噌炒めなどにすると、ふわっとして口の中でとろけます。暑い時には揚げ浸しがお勧めです。
とっても美味しいので、一度食していただいたお客様は普通のナスより気に入ってくださいます。
ヒモナスは別名を「ヘビナス」といいます。
風や雨が降ったりすると、びっくりして、ヘビのように曲がってしまいます。そのため規格がそろいません。規格がそろわないと市場でセリにかけられません。スーパーの棚に並べるとき、大きさが違うので値段をつけるのが面倒です。
そんなことで、「おいしいけれど、スーパーで見かけない野菜」の代表です。


------------------------------------------

「 ヒモナスの南蛮漬け 」




【 材料2人分 】  

・ヒモナス 2本  揚げ油 適量   白髪ネギ 少々   
(漬け汁) 長ネギ 1/2本 生姜 1片 大蒜 1片 赤唐辛子 (輪切り)少々 出し汁 10cc 醤油 大さじ1

【 作り方 】

1.ヒモナスは一口大に切り、180℃の油で素上げをします。
2.バットにナスを並べ、長ネギ・大蒜、生姜、赤唐辛子を上に散らし、だしで割った醤油をかけて30分~1時間程漬けておきます。
1.ヒモナスは一口大に切り、180℃の油で素上げをします。
2.バットにナスを並べ、長ネギ・大蒜、生姜、赤唐辛子を上に散らし、だしで割った醤油をかけて30分~1時間程漬けておきます。
3.器に盛り、白髪ネギを添えます。

(ポイント) ・素上げの時間はほんの少しで、皮が薄く身も柔らかいので形が崩れてしまいます。

【 ひと手間・ひと工夫 】

一般的なナスより火が入りやすいので、調味料が染み込みやすいです。様子を見て浸し時間を調整してください。

  ○  ○  ○  ○  ○  ○ 

「ヒモナスのそぼろ餡かけ」




【 材料2人分 】  

・ヒモナス 2本 揚げ油 適量 サラダ油 大さじ1 挽き肉 100g 生姜(みじん切り)1片 出し汁 100cc
料理酒 大さじ1 醤油 小さじ1 胡麻油 小さじ1 塩 少々 水溶き片栗粉 大さじ1(同量の水で溶く)

【 作り方 】

1.ヒモナスは一口大に切り、180℃の油で素上げをして、キッチンペーパーに取り出します。
2.フライパンにサラダ油を中火で熱して挽き肉を炒めて、生姜を加えます。
3.挽き肉がパラパラになったら、出し汁とヒモナスを加え、さらに料理酒・醤油・塩を加えて混ぜます。
4.ひと煮立ちしたら弱火にして、水溶き片栗粉を加えて混ぜ、強火にしてとろみをつけます。
5.仕上げに胡麻油を加えて、香りを出します。

(ポイント) ・梅雨の時期は食が進みませんが、片栗粉の代わりにくず粉を使うと整腸作用に良いのでお勧めです。

【 ひと手間・ひと工夫 】

・ピーマンやパプリカも少し加えると、彩りも鮮やかで食欲も増します。厚揚げを一口大に切って加えると、      ボリュームが出ます。




【野菜レシピ 監修】しあわせ野菜畑 大角美穂

・東海調理専門学校調理師科にて調理師資格取得
・リマ・クッキングスクール師範コース修了
・クシ・マクロビオティックアカデミー、ナチュラルスウィーツコース修了
・ジュニア・ベジタブル&フルーツマイスター(通称「野菜ソムリエ」)
・日本食育インストラクター


2024年5月20日 : 野菜の色彩
こんにちは、スタッフの杉山です。
今日も野菜の出荷作業を無事終えて、ひと段落ついています。


最近の野菜セットにも様々な野菜が入っています。
カブ、ラディッシュ、玉ねぎ、赤玉ねぎ、水菜、カラシナ、葉大根、ルッコラなど…
今日はそんな野菜の色を紹介します。



ラディッシュ 赤が非常に鮮やかです





こちらはラディッシュの別の品種です 紅白のグラデーションが印象的ですね





ルッコラ





水菜 茂っていてなんだか森のようです





カラシナ 名前の通り食べると少しピリッとします





カブ 穏やかな白色を見るとなんだか落ち着きます



しあわせ野菜畑は年間を通じて様々な野菜を育てています。
50品目にも及ぶ野菜は、季節ごとに皆さまの元へ届けられます。


野菜の色味から味を想像したり、季節を感じたりしてみてくださいね。


(営業スタッフ 杉山)
2024年5月19日 : 畑の生き物
こんにちは!スタッフの杉山です。



今日は朝から小雨ですが、変わらず収穫作業をしました


5月の野菜セットでお届けしている葉大根は、そのまま育てると白く可憐な花を咲かせます。
そこにたくさんのモンシロチョウが舞っていて、とても綺麗です。



葉大根の花


羽を休めるモンシロチョウ



私たちの畑では化学農薬や除草剤を用いないために、様々な生き物がいます。



モンシロチョウのサナギ



テントウムシのサナギ テントウムシはオーガニックのシンボルです


野菜には虫が住んでいたり、食べられた跡があることもありますが、
そのような環境でたくましく育った野菜には「生きる力」があります。


太陽の下、風に吹かれて、虫たちと共存しながら大きくなった「生きる力を持った野菜」をお届けしています。

このブログでは、畑の様子も合わせてみなさまにお届けします!

(営業スタッフ 杉山)








2024年5月17日 : 2024.5.17 今週の野菜
こんにちは、営業スタッフの杉山です
日差しが強く気温の高い日が増えましたが、心地よい風に初夏の季節を感じますね。



今週の野菜です

(写真左上から)
小松菜、ルッコラ、オーガニックハーブ栽培セット、
ラディッシュ(kiss me)、玉ねぎ、カブ、赤玉ねぎ
大根切り干し、乾燥にんじん、葉大根、水菜


小松菜は茎も甘くて美味しいです
葉と合わせてお召し上がりください


野菜セットに対する疑問・質問等がありましたら、下記をご覧ください。
Q&A

例えば次のようなご質問にお答えしています

「野菜セットが凍っていた」
「野菜の量が少ない」
「葉が黄色くなっていた」
「虫がいた」




2024年5月16日 : キュウリが採れました
キュウリがとれ始めました。


本日初収穫のキュウリです。
しあわせ野菜畑の野菜は、ハウスや温室栽培ではない、露地栽培で育つ季節ごとの旬の野菜です。お届けできる野菜は季節によって大きく変わります。

大根や白菜やキャベツなどの冬野菜が終わり、スナップエンドウを挟んで、キュウリがとれ始めるといよいよ、ズッキーニ、インゲン、ナス、ピーマン、ゴーヤといった夏野菜のシーズンです。

その年に始めて収穫した初ものは神様にあげることにしています。
神様に手を合わせているのは、本日からスタッフに加わった杉山さんです。

しあわせ野菜畑で初採用の営業スタッフです。

明日からブログも担当します。

新人が見たり感じたりする、しあわせ野菜畑の「野菜の物語」をお楽しみください。

               (代表 大角昌巳)

所在地:〒436-0342 静岡県掛川市上西郷2454
TEL:0537-28-0712 / FAX:0537-28-9987
お電話は平日の午後に承ります。
E-mail:info@yasai888.com


しあわせ野菜畑
〒436-0342
静岡県掛川市上西郷2454
▼TEL
0537-28-0712
▼E-mail
info@yasai888.com