お知らせ

ブログでしあわせ野菜畑の新着情報をお伝えしています。


2021年7月26日 : 【オリパラ・オクラ・プロジェクト】小学生たちとペンタスさんが来てくれました!
オリパラ・オクラ・プロジェクトの一環で、今日は地元の掛川市立西郷小学校の6年生🧒👧、保護者👨👩、先生👨‍🏫👩‍🏫たちが第2回目の有機オクラ収獲の手伝いに来てくれました❗😊



障がい者就労継続支援B型事業所「きほくのもり ペンタス」さんも収獲してくれました
ペンタスさんは毎年収獲してくれて、今年は週2回行ってくれます



皆さん、ありがとうございました🙇
2021年7月23日 : 2021.7.23

2021年7月17日 : 真夏☀️が大好きな野菜 有機オクラの旬が始まります❗
オクラはアフリカ原産で暑い夏にぐんぐん大きくなります

梅雨明けして、いよいよ夏本番!
オクラの収獲で忙しくなります😄

〈花が咲いたオクラの株〉


〈でき始めの小さなオクラ〉


〈採り頃のオクラ〉

2021年7月16日 : 2021.7.16

2021年7月16日 : 2021.7.16

2021年7月16日 : 2021.7.16

2021年7月15日 : オリパラ・オクラ・プロジェクト(その6)



農福連携

オクラの収穫は、障がい者就労支援B型事業所きほくの杜・ペンタスに依頼しています。
7月から11月まで指導者の方と一緒に障がいを持った方が数名来て、収穫作業を行います。
今年で5年目です。
オクラは長期間にわたって毎日収穫作業が続くので障がいのある方でも作業の習得がしやすいと考えました。

オクラの成長はとても早く、B型事業所の利用者にとっては収穫適期のオクラの判断が難しく、最初は指導者の方が収穫し、障がいのある方はカゴを持ってあとをついていましたが、3年目から判断ができるようになりました。
このプロジェクトにより、障がい者の皆さんの就労が社会活動(オリンピック・パラリンピック)につながっていることを感じてもらえたらと考えています。













2021年7月15日 : オリパラ・オクラ・プロジェクト(その5)
しあわせ野菜畑のスタッフもトーチを持って走ってみました。










2021年7月15日 : オリパラ・オクラ・プロジェクト(その4)


トーチが会社にやってきた!

聖火ランナーとなった鷲山先生がその様子を報告しに来てくれ、トーチをしばらく会社に預けてくれました。
トーチの先端は桜の花の形をしています。
少しピンクががった「桜ゴールド」という色で、アルミ押出成形という継ぎ目のない、新幹線にも使われている製造技術だそうです。
見た目以上に重たく、見た目以上にきれいです。










2021年7月15日 : オリパラ・オクラ・プロジェクト(その3)


聖火ランナーとして、子供たちに伝えられること
  オリパラ・オクラ・プロジェクト1年目・3年目担当
  2021年6月25日 オリンピック聖火ランナー
    掛川市立西郷小学校教員   鷲山 智久

4年前に西郷小学校の応接室で、しあわせ野菜畑さんからオリパラ・オクラ・プロジェクトの話を聞いたとき、オリパラは遠い先の違う世界の話でした。
その自分がオリパラ・オクラ・プロジェクトの本番前の準備の年に6年生の担任としてこの活動に関わり、子供たちと一緒にオクラを育て、一緒に考え、一緒に学び、その思いをオリンピックの聖火ランナー募集作文に書いたのが3年前でした。
そして、オリパラの1年延期を受けて、本番の今年再び6年生の担任となり、子供たちと一緒に育てている中で、オリンピック聖火ランナーとして走らせていただきました。
この活動を通して、子供たちが食や環境、国際意識への意識がどんどん高まっていくのを感じました。
地域の障がい者就業支援事業所さんとも関わることで、福祉や地域に関する意識も高まっています。

聖火ランナーに選ばれてからたくさんの人から励ましの言葉をいただきました。
走っている最中にはたくさんの笑顔と応援をいただきました。
この「2020オリパラ・オクラ・プロジェクト」を盛り上げ、成功させることが多くの人の思いを紡ぎ、地域の希望の光がつながっていくことだと信じています。
子ども達は、この活動が地域やオリンピックについてよく考え、より深い学びにつながっています。オリパラを通して、子ども達の心におもてなしの心を育くみ、地域を愛し、未来への希望の種まきを行っていきたいと思います。

しあわせ野菜畑
〒436-0342
静岡県掛川市上西郷2454
▼TEL
0537-28-0712
▼E-mail
info@yasai888.com